院内保育の良い影響!|士気を高めるためにエンゲージメントサーベイを導入しよう

院内保育の良い影響!

託児所

病院内保育とは?

病院内保育とは介護士や看護師、医師などの病院内で働く方のお子様を預かる病院内にある保育園のことを言います。病院で働くママやパパにとって、身近にお子様がいることで安心でき、仕事にも集中することが可能です。

導入することで退職者が減る?

特に困るのが、戦力のある方が退職することです。多くの退職内容は結婚・出産を機に退職するケースが多く、また新たに採用するにもコストもかかるし、新人育成も時間が掛かります。ですが病院内保育を導入することで、お子様の保育園事情の悩みも無くなり、退職者も減ると言われています。

基本的な保育内容とは?

基本は保育園と一緒です。大きな違いと言えば、運動会やお遊戲会などの大きなイベントが無いということです。ですが、24時間365日対応してくれるため、もしもの場合も安心して預けることが可能です。

病院内保育を導入するメリットとは?

仕事がしやすい環境になる

仕事をしているママパパは、仕事と子供のことばかり、考えています。どの仕事にも言えることですが、特に医療関係になると判断力が最重要になる職種です。仕事中は頭を切り替えて、全力で取り掛かれる様にできる病院内保育の導入はオススメと言えます。

もしもの時も専門家がいるから安心

保育のプロが子供の面倒を見てくれるため安心度が違います。それに、ケガや病気があっても院内なので、心配は減ります。保育のプロ、病院内、この2つの安心があるのは病院内保育の特徴と言えます。

24時間対応しているので、夜間も安心!

外科医や救急医になると、夜間呼び出し、当直などあります。その時にお子様を誰に預けようかと悩む時間がもったいないです。病院内保育を利用することで、お子様を預ける悩みも吹き飛びます。

休憩時間に会いに行ける

院内にあるため、ちょっとした休憩時間に会いに行けるのも魅力です。頑張って働いているママ・パパの姿を見せる機会にもなります。

広告募集中