エンゲージメントの現状|士気を高めるためにエンゲージメントサーベイを導入しよう

エンゲージメントの現状

レディ

日本はエンゲージメントが低い!

日本人の仕事傾向としては、まだ長時間の仕事が良いとされているため、責任感は強いがルールに厳しく柔軟性に乏しいとされています。また上下関係の影響で本音でコミニュケーションが取れず職場のストレスが溜まる一方なのです。それが日本のエンゲージメントが低いと言われている理由です。

【エンゲージメントの誤解】ロイヤリティ

良くロイヤリティという言葉が出てきますが、エンゲージメントと良く誤解されやすいと言われています。ロイヤリティとは忠誠心ということで会社の権力が強く、会社に従業員が尽くすということです。会社は裏切らないし、従業員は会社を逃げない・やめないなどの忠誠心があることで企業も業績を伸ばしてきました。しかし多くの企業のロイヤリティが高くても、自ら動けない、創造性が低いことが増えているのです。なので、現在は自らの意志で「ココで働く」という、自分で動き、考える社員が必要とされています。

【エンゲージメントの誤解】コミットメント

有名なジムで良く「コミット」という言葉が出ます。コミットメントとは相手に求めることを言い、選択肢を相手に迫ることになります。エンゲージメントサーベイを行うことで、自ら目標を立てて、その方向に向かう能力の高い社員を育てることができます。

広告募集中