経営の基本!組織作りとは

婦人

会社にとっての組織

組織とはいわゆるチームです。企業戦略を立てるチーム、営業や経理のチームなど様々なものがあります。大企業になると1チームの人数も多くなります。そのためリーダーが必要となります。それは貿易会社でも、病院内保育などの施設でも変わりはありません。

中小企業にも組織作りは必要

大企業にチームは欠かせないと言われますが、中小企業でも必要です。組織をしっかり作ることで企業が成長していくのです。大企業では各リーダーを作らないと全体をまとめることが難しいですが、中小企業になると社長自ら組織に参加して経営することで全体が見えるようになります。またエンゲージメントサーベイ調査を行うことで、社員の現状も見えるから組織作りは必要です。

報・連・相は当たり前

報連相という言葉は、小学校で習った方も多いです。しかし中々できていない企業も多くあります。報告することで状況把握し、連絡して担当部署や専門家に伝達、相談で現状をどう解決するのか話合うことになります。できていないという会社は、まずここから改善しましょう。

チームとグループの比較

チーム

・個々ではなく組織として動く。
・団体力があり、協力体勢が整っている

グループ

・目的達成のために集まった人達のこと
・目標が同じなのでブレない

組織作りで重要なこと

組織の目的は色々あります。商品開発や経営方針を決める場合も組織が必要です。しかし組織を作るに当たってチームとグループの違いを理解しておきましょう。それによって組織体勢などが変わってきます。

新着情報

社員を社員と思わない経営者が一番良い

経営者は一人で会社を大きくしたわけではないことを理解することが大事です。一人でするなら手が幾つ合っても足りません。良い経営者は社員を社員と思わずに「仲間」と思っているそうです。個性を大事に、また組織をまとめるためにも社員を仲間と思って経営しましょう。

組織開発のQ&A

組織でビジョンを作ったが効果が出ない

多くの企業ではビジョンが漠然としている、具体的すぎるという理由で効果が生まれません。なので、ビジョンを作るときは「具体的過ぎない程度の内容」です。しかしビジョンは作ることが大事ではなく、作るまでのプロセスが大事と言われています。

リーダーシップというのを知りたい

リーダーは進むべき所に導いてくれる人を言います。その種類には、先頭を走るタイプ、一段上から見守るタイプ、バックアップするタイプなどいます。自分はどのタイプが向いているのか見極めることがリーダーの最初の仕事です。

バーチャル・チームを成功させたい

成功させるためには、必ずコミニュケーションを大事にしリーダーを決めることです。バラバラの場所にいるなら誰かが統一させる能力を持っていないといけません。なのでコミニュケーションとリーダーを大事にすれば成功に近づくでしょう。

最高のチームを作るポイントを教えてほしい

最高のチームにはダイナミクスとフォーカスという2つが必要です。ダイナミクスは動のエネルギー、フォーカスはチームのコントロールの元になります。その2つがチーム内で揃えることができるなら大丈夫です。

エグゼクティブ・コーチングの必要性とは?

経営者も専門コーチを付けるだけで、会社が良くなる傾向があります。部下指導力、コミニュケーションスキルの向上、チーム作り、戦略思考など様々なことを習うため経営者にとって必要な知識をしっかり教わることができますよ。

エンゲージメントサーベイ実地方法

最初にエンゲージメントのサービスを利用する

専門サイトでエンゲージメントのサービス利用の手続きを行います。プランや利用人数によっても費用が異なります。ちなみに10名以下の企業から、1万名を越える企業まで大小問わず行うことができるサービスが多いです。

社員の回答開始

サービスを利用したら回答を行なってもらいます。回答は約20分なので仕事に大きな影響はありません。回答もクリックするだけなので簡単に行うことができます。

回答後は数値化

社員の回答を数値化してくれるため、今の社員の現状が見えるようになります。その内容を偏差値にすることで色々と分析することが可能です。他社比較、項目比較や経年比較などです。

専門のコンサルタントにアドバイスを聞く

数値化した内容を組織人事のコンサルタントに見てもらいアクションプランを策定します。自分たちでアクションプランを決めるより専門の第三者が入ってもらうことでより一層良いアクションプランが生まれます。

実行あるのみ

決めたアクションプランを実行することで、今の現状から良い未来に進むことができます。しかし、アクションプランを行わないなら、エンゲージメントサーベイ調査は意味がありません。決められたアクションプランを自ら行なって会社も社員も成長に導きましょう。

広告募集中